UGANDA ORGANIC COTTON PROJECT

+ SDGs - Sustainable Development Goals

UGANDA ORGANIC COTTON PROJECTにおけるSDGs

SDGs-「Sustinable Development Goals」

ウガンダオーガニックコットンプロジェクト(UOCP)は、ウガンダ共和国政府が主導する事業です。UOCPはウガンダ北部を中心に事業を展開しています。ウガンダ北部は2007年まで続いた内戦被害を多く受けた地域であり、当時は多くの難民キャンプが転々としていました。UOCPでは、そのような地域で換金性の高い更には高付加価値がついたオーガニックコットンを栽培し現地住民の収益向上を第一に掲げ実施している事業です。ウガンダ北部は、標高が800mと首都カンパラからは若干標高が低い地域で気温が高く乾燥している気候が特徴です。しかしながら雨季にはまとまった雨が降ることから古くから綿花栽培に適した地域として英国植民地時代から綿花栽培が盛んに行われてきました。英国植民地時代は奴隷として多くの原住民(アチョリ族)が被害に合い、中には中東国の奴隷商人による奴隷貿易の被害に合う者も多くでました。綿花栽培は原住民たちの悲しい過去を映し出す農産品ではあるのですが、一方で綿花栽培に適した土壌環境と気候によって独自性の高い特色を持った高品質で高付加価値の綿花栽培が可能という一面を持っているため、原住民は率先してオーガニックコットン栽培に取り組んでいます。綿花栽培は徹底した栽培管理と品質管理が必要であり、男性よりも女性の方が作業管理者として適しています。そのような事から男性社会によって築かれてきたウガンダの社会構成の中で女性が活躍できる場が綿花栽培の中に存在していることから、原住農家達の間で組織され始めている30人の綿花栽培組合組織(VSLA-Village Saving Loan Assosiation)では、VSLAの経理を担当する者は、1VSLA組織の中から推薦された女性が担当することが義務付けられており、女性の活躍の場が少しずつウガンダ北部の原住民族社会の中に構築されつつある状態になっています。

Uganda Organic Cotton Project (UOCP) is a project led by the government of the Republic of the Uganda. Many refugee camps were in northern Uganda since it had damaged by domestic conflicts lasted until 2007. UOCP prioritize to improve incomes of people in northern Uganda by encouraging organic cotton with added value, which is cash cropping.Northern Uganda is placed at an altitude 800m and it is at little lower altitude than that of capital Kampala. High rain fall amount at rain season has supported cotton farmers including colonial period, despite mostly hot and dry climate. When the Republic of Uganda colonized, lots of native inhabitants (Acholi) were forced to work as slaves, or be victimized in the slave trade by mideastern slave trader. Cotton cultivation reminds farmers hard past decades, but they are still keep working on because soil and climate are suitable for the cultivation which produce unique, high quality and high added valued cotton.Cultivation management and quality management are necessary for cotton. Farmers began to organize Village Saving Loan Association (VSLA) composed by 30 people and established the regulations that women must be chosen and be in charge of accounting in every VSLA because women are good at management. In this situation, women are getting chance to use their talents and positive atmosphere for gender equality is spreading in northern Uganda.

環境面においても、ウガンダ共和国の観光資源である国立自然保護区(National Park)を守るようにUOCPが展開されており、自然の動植物と現住農家達との持続可能な共生社会が実現されています。そのような事から観光客の更なる取り込みを目指すウガンダ共和国の観光業と現住農家達の農業がUOCPによって互いにとって素晴らしいシナジーが構築されています。

UOCP also cares about environment of National Park that the government of the Republic of the Uganda recognizes as important resources of tourism. Government’s tourist business and farmer’s cultivation can be supported and encouraged by UOCP.

UOCPによって生産されたウガンダオーガニックコットンは、日本へフェアトレード(公正取引)で輸出されており、現住農家が安定的に綿花栽培を行っていけるような仕組みが作られています。
柏田雄一氏(ウガンダの父)と現ウガンダ共和国ムセベニ大統領によって固く繋がれた日本とウガンダ共和国との綿の絆によって、互いの持続可能な開発目標の達成を民間レベルで継続していける形を我々は目指しています。

Uganda organic cotton supported by UOCP fair-trades and exports to Japan, therefore, farmers keep cultivating under sustainable environment.This project targets to create a sustainable, private sector strategy to achieve SDGs with a strong bond between the Republic of Uganda and Japan, which his Excellency president Museveni and Mr. Kashiwada (father of Uganda) have strengthened by cotton.

該当項目

Goal1:貧困をなくそう ー No Poverty (Poverty Reduction Strategy)
Goal5:ジェンダー平等を実現しよう ー Gender Equality (As both men and women will benefit)
Goal10:人や国の不平等をなくそう ー Reduced inequality (Reduced regional social inequality)
Goal12:つくる責任、使う責任 ー Responsible consumption and production
Goal15:緑の豊かさを守ろう ー Life on Land (Envirnmental protection and wildlife conservation)
Goal16:平和と公正を全ての人に ー Peace and Justice Strong Instituons
Goal17:パートナーシップで目標を達成しよう ー Partnaership for the Goals