UGANDA ORGANIC COTTON PROJECT

+ SDGs - Sustainable Development Goals

ウガンダオーガニックコットンの特徴

循環型自然栽培 アフリカ大陸の東に位置するウガンダ共和国はナイル川の源流であるビクトリア湖に面し赤道直下の国として、野生動植物が最も多様に生息する国です。地球の楽園(ホットスポット)とも評される自然豊かな国として古くから農耕畜産業が栄えました。アフリカ大陸の東部を南北に大地を引き裂く大きな谷「大地溝帯(グレート・リフト・バレー)」が広がる地域の中で、最も注目される地域アルバタイン地溝帯は「人類(ホモサピエンス)の発祥地」として多くの生物の進化を生み出した生命エネルギーの集積地・生物多様性の豊かな一帯として注目されています。ウガンダ共和国は、まさにアルバタイン地溝帯の自然エネルギーの恩恵を受ける国で動植物の種類が地球上で一番多く見ることができる国です。ウガンダ共和国では生物多様性を維持するための国立公園が数多く存在し、海外からのツアー客も多く訪れています。ウガンダ北部位置するマーチソンフォールズ国立公園地域では、原住民族のアチョリ族の人々によって無農薬無化学肥料の原始的な綿花栽培が行われており国立公園に住む動植物達を守るようにしてオーガニックコットン栽培が行われています。ウガンダ共和国は元々イギリスの植民地であり、イギリスの産業革命を支えた原材料(綿花)の供給源として古くから綿花栽培が行われていました。その時代は大規模農法(プランテーション)という形で多くの原住民族の農家達が奴隷として働かされ、中には中東系の奴隷商人によって欧米などに売られる者も多くいた歴史背景が存在しています。ウガンダにおける綿花の歴史は善し悪し両面の歴史が存在するウガンダ共和国を象徴する特産品としていちづけら位置づけられており、中でもウガンダ北部で原始的な栽培法によって栽培されているウガンダオーガニックコットンはウガンダ共和国の豊かな生物多様性維持と人々の暮らしを支える付加価値の高い持続可能な換金農産物栽培事業であるとして世界的にも注目を集めています。ウガンダ北部におけるオーガニックコットン栽培は、自然に負担を与えない循環型の輪作システムで栽培されており、現地農家はそのような綿花栽培におけるエコサイクル法を代々継承し自然との共生文化を育んでいます。

・Circulating Natural Cultivation The Republic of Uganda is an equatorial country in eastern Africa facing Lake Victoria, which is the origin of the Nile. Rich biodiversity such as various species of wild animal can be seen in this country, so it is referred to as “Hot spot”. In fact, farming and animal industry has a long history.“Grate Rift Valley” is a huge valley running eastern Africa from South to North and Albertine Rift Valley is getting attention recently as “Origin of Homo sapience” that foster evolution of many species with a volume of life energy and biodiversity. The world’s most populous animals and plants are living in the Republic of Uganda since it receive blessing of life energy derives Albertine Rift Valley. The Republic of Uganda have a number of national park to keep rich biodiversity and tourists visit there so often.Acholi tribe, a native inhabitants cultivate organic cotton in primitive way (no agrichemicals or chemical fertilizer) in area of Murchison Falls National Park without harming wild animals.The United Kingdom colonized the Republic of Uganda more than a hundred years ago. Native famers were forced to cultivate cotton as a supplier of material (cotton) and the products shored up industrialization of the United Kingdom. It is said that colonizer let people work as slaves for a plantation and some of them were sold to Europe by mideastern slave trader. Cotton farming is considered as symbolic specialty of the Republic of Uganda, but Ugandans know that it has both light and dark history. But now, recently, Uganda organic cotton cultivated primitively in northern Uganda is outstanding as sustainable cash cropping project which protects biodiversity and supports livings with its high added value.Farmers in northern Uganda have passed down the mind of nature symbiosis and employed circulating natural cultivation not to damage nature in farming of organic cotton. ・中長綿品種 ウガンダオーガニックコットンは、中長綿品種と分類される綿花です。繊維長が29インチ~32インチで多種多様な綿製品製造に適した綿花です。弾力性(バルキー性)とコシ、滑らかなタッチという部分がウガンダオーガニックコットンの特徴で、他国で栽培されるオーガニックコットンとは全く違った個性的な特徴をもっています。 ・Mid-Long Length Cotton Uganda Organic Cotton is classified mid-long length cotton. Fiber length measures 29~32 inch, and variety of cotton products can be made with this raw material. Bulk, elasticity, and smooth touch are leading features of it. ・オーガニック認証 ウガンダオーガニックコットンは、農地・種・栽培プロセス全ての工程で国際規格のオーガニック認証を取得しています。 ・Organic Certificate Uganda organic cotton is certificated for organic international standards in all process such as soil, seed, and cultivation.